【必読】ボトックス注射をせずに眼瞼痙攣を治療する方法とは?

目を開けていられない、目の周りが突然けいれんする、まばたきが異常に多い、などの症状が気になりだしたら眼瞼痙攣かもしれません。薬の副作用の心配なく、眼瞼痙攣を治療できるアイアクトの効果とは?

瞼がピクピクする眼瞼痙攣の原因とは?

眼瞼痙攣(かんけんけいれん)は、瞼がピクピクしたり眩しくて目が開かないなどが主な症状とされています。

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171119233815p:plain

 

眼瞼痙攣はどうして起こるのでしょうか?

 

医学的にははっきりとした原因は解明されていませんが、精神的なストレスが原因とも言われています。

 

 

◆眼瞼痙攣はなぜ起こるの?

①精神的なストレスを受ける。
    ↓
②脳から「アセチルコリン」という興奮物質が異常に発生する。
    ↓

アセチルコリンによって、目の周辺が緊張してしまう。
    ↓
④瞼がピクピクしたり、眩しくて目が開かないなどの痙攣が起こる。
    ↓
⑤痙攣により不快感が増して、更にストレスがましてしまう。

 

このように眼瞼痙攣を放っておくと、ストレスの悪循環で悪化してしまう恐れがあります。

 

 

◆眼瞼痙攣は悪化する前のケアが大切!

軽度の眼瞼痙攣であれば、市販の専用クリームで治ります。

 

悪化してしまうと、病院での治療はボトックス注射など1回で万単位がかかってしまいます。

 

症状がひどくならない内に自分でケアすることも大切ですね。

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171123111236p:plain

 

現在、国内ではアイアクトというクリームが唯一の眼瞼痙攣専用のクリームとして販売されています。

 

朝晩にクリームがを塗るだけで眼瞼痙攣が改善されるので、自宅で簡単にケアすることができます。

  

 ⇒ 眼瞼痙攣用クリーム「アイアクト」を公式サイトで見てみる 

 

 

アイアクト