【必読】ボトックス注射をせずに眼瞼痙攣を治療する方法とは?

目を開けていられない、目の周りが突然けいれんする、まばたきが異常に多い、などの症状が気になりだしたら眼瞼痙攣かもしれません。薬の副作用の心配なく、眼瞼痙攣を治療できるアイアクトの効果とは?

薬の副作用なしで、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)を治療する方法とは?

 

アイアクト

 

 

瞼が痙攣したり、目が開きにくくなったりしたら、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)かもしれません。

 

例えば、以下の症状が出始めたら要注意です。

 

「眩しくて目が開きづらい」
「目の周りが突然、痙攣する」
「目を開いているのがつらい」
「目を閉じていた方が楽」
「まばたきが異常に多い」

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171119224510p:plain

 

眼瞼痙攣が悪化すると眼瞼下垂になる可能性もあり、そうなると手術をしないと回復しない危険性があります。

 

瞼が開けづらくなったり、痙攣を感じ始めたら早めの対処が大切です。

 

◆眼瞼痙攣の治療法は?

眼瞼痙攣は原因がはっきり特定されていない病気です。

そのため、治療法が確立されておらず、以下の2つが一般的な治療方法とされています。

 

・内服薬療法

ボツリヌス療法

 

薬を服用する他に、ボツリヌス療法がありますが、余り聞きなれない名称かもしれません。

 

ボツリヌス療法で用いるボツリヌス菌は、美容クリニックでは「ボトックス」という名前でシワ取りにも使われています。

 

ボツリヌス療法は、瞼に直接注射をしますが、目の周りの皮膚は薄いので激痛が伴う場合もあります。

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171120013526j:plain

 

薬は副作用の心配もあり、痛みを伴う注射をする前にできたら安全な方法で、痙攣を回復できたら嬉しいですよね。

 

◆眼瞼痙攣を自宅ケアする方法とは?

瞼の痙攣が気になり始めたら、薬の服用やボツリヌス注射を打つ前に、自宅ケアで改善できる治療方法があるのをご存知ですか?

 

「薬の副作用が不安。かと言って、注射の激痛はイヤ」

そんな人のために開発された眼瞼専用のクリーム「アイアクト」が注目されています。

 薬ではないので、副作用がなく、眼瞼痙攣を治すことができます。

 

「アイアクト」は眼瞼痙攣で悩む人のために、製薬会社が開発したクリームです。

 

無添加・低刺激なので、肌の弱い人でも安全です。

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171119233815p:plain

 

眼瞼痙攣のための有効成分、アルジルリン・シンエイク・プロジェリンの3つの成分を配合することで、痙攣を改善します。

 

使い方は簡単で、1日3回まぶたの周りと眉間、額に塗るだけです。


症状がひどい場合は頬・首・肩にも塗ると、効果が発揮されやすくなります。

 

「アイアクト」は医学誌や様々なメディアに取り上げられている話題のクリームです。

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171120000001j:plain

 

 

◆「アイアクト」お得情報

今なら初回40%OFF、しかも30日の返金保のキャンペーンもあるので安心です。

 

初回は、 4,980円(税別)+送料無料です。


さらにクレジットカード決済にすると、500円引き4,480円(税別)+送料無料になります。

 

瞼の痙攣が気になる人は、チェックしてみてください。

 

 ⇒ 眼瞼痙攣用クリーム「アイアクト」を公式サイトで見てみる

 

 

f:id:tsnd5qfx6j3:20171120000134j:plain